相続税のおすすめ節税対策

おすすめの節税対策を紹介

相続税は支払わなければいけないものですが、少しでもその金額を減らすことができれば負担を軽減することができます。
そこで節税対策としていくつかのことが考えられます。

生前贈与 年間110万円

まず生前贈与をして財産をあらかじめ減らしておくという方法があります。
生前に財産を贈与することで、将来の相続財産を減らすことができます。
実際にどのような方法を行えばいいのかというと、贈与税の基礎控除を利用することになります。
この方法を利用することで年間で110万円まで非課税で財産を移転することができます。

長年かけて安定した資産の移転ができる

財産を自分の名義で持ち続けるというのが基本となっていますが、この場合、相続税の対象となってしまいます。
したがって相続が発生してしまう前にできるだけその金額を減らした方が税金を減らすことができます。
贈与税の税率に関しては、相続に関する税金の金額よりも高くなっていますが、この基礎控除と比べると毎年適用されるようになっているので、長い期間にわたって贈与を行うことで、相応の資産移転を非課税で行うことができるというメリットがあります。

住宅取得など特定用途での贈与

また住宅取得などの資金の贈与に関する贈与税の非課税措置をとるという方法もあります。
これは父母や祖父母から住宅の贈与を受けた場合には、500万円までの贈与に関しては贈与税が非課税になるというようになっています。
孫の教育資金などの贈与も同じように1500万円まで非課税になります。

死亡保険金を利用した贈与

また相続税の節税対策は、株に関しても適用することができます。
相続人が相続をした同族株式を、会社に買い取ってもらうと、相続に関する税金の納税資金を手当てしてくれるようになっています。
また生命保険に加入してその受取人を相続人にしておくことで、死亡保険が入ってくるようになります。
そうすることで不動産を売ることなく相続の税金を支払うことができる場合もあります。