相続税の支払いを少なくする方法について

相続税の節税対策は生前に行うのが基本

故人が残した遺産がある程度、大きいときには相続人は相続税を支払う必要があります。
このような相続人は分割内容で少しもめるというようなことがあっても、必ず期日内に話をまとめなければなりません。
相続手続きは10ヶ月以内という期限が設けられているので、この期限以内に遺産分割協議をまとめる必要があります。
したがって手続きをスムーズに納得することができる内容にするために、早めに準備をしておくことが大切となっています。
というのも、遺産を残す人が亡くなってから揉めるケースがあるからです。

相続人全員が納得いく解決策を見つけましょう

基本的に節税対策に関しては生前に行われることが大切になっています。
しかし必ずしも生前でなければいけないと言うことはなく、相続が発生した後でも分割方法を工夫することで上手に納税額を抑えることができます。
しかしここで注意しなければいけないことは、無理な分割をしないということです。
相続人全員が納得したうえで活用することが大切なのです。

遺産相続手続きが複雑ならば税理士や弁護士に相談しましょう

税に関する制度は非常に細かくなっています。
実際に行うと言うときには専門知識のある税理士に相談すると安心です。

様々な節税対策があります

大きなヴァイオリンたとえば小規模住宅の特例というものがあります。
これは被相続人が住んでいた土地や事業に使っていたというような土地が対象になり、相続人が居住し続けていたり事業を継続したりという場合には、その土地の評価額が50パーセントか80パーセント減額されるという特例となっています。
しかし注意しなければいけないことは、相続人が子供という場合にはこの特例を適用することができません。
また配偶者にはとても強力な税額軽減規定が適用されるようになっています。
具体的には相続財産が1置く6000万円まで相続税がかからないという内容になっています。
したがって配偶者の相続分に関しては、小規模住宅の特例を適用させずに子供の相続財産に優先して適用させるという方法も考えることができます。