遺産相続の限定承認について

遺産が借金か財産かわからないケースがあります

故人が亡くなったときには遺産の整理をすることが基本となります。
その際にマイナスの財産やプラスの財産の種類が多くて、最終的に自分にとってプラスになるのかマイナスになるのかよくわからないと言うことも珍しいことではありません。
ここでマイナスになるということが明らかにわかっているときには相続放棄をすることができますが、プラスの場合には単純承認という方法を選択することができます。
しかし遺産相続の際に相続放棄は後から撤回することができません。
しかし撤回することができないからといって単純承認をして後からたくさんの借金があるということがわかれば生活が苦しくなってしまいます。

限定承認を選べば、無理な負債を抱えないで済む

このようなときの方法として、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を相続するというような維持表示をすることができます。
これが限定承認と呼ばれています。
マイナスの財産が多いと言うときには相続財産はゼロになりますが、プラスの財産が多いときにはその差額を相続することができるというような仕組みとなっています。
これはとても便利な制度となっています。

限定承認の手続きは複雑

しかし限定承認は複雑な手続きが必要となります。
また限定承認は相続人全員が行わなければいけないという条件があります。
しかしこの中に相続放棄をした人は含まれていません。
一人でも単純承認をすると限定承認をすることができなくなると言うことを忘れないようにします。
手続きの方法は次のようになっています。

家庭裁判所で申述して行います

相続人全員で相続を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申述することになります。
ここで限定承認をした人に対して事務処理が強いられています。
相続放棄も相続を知ってから3ヶ月以内に手続きを行わなければいけないようになっていますが、この期間を過ぎると単純承認をしたということになります。