法定相続人とは一体誰のことを指すのでしょうか

法が定めている相続人が法定相続人

相続税の改正により、注目を集めている相続。
基礎控除額が縮小されたため、今や相続税は富裕層だけの問題ではなくなりました。
その基礎控除額を計算するためには、法定相続人の人数を知らなければなりません。
では法が定めている相続人とは、一体誰のことを指すのでしょうか。

なんの法律でどう定められているのか?

法とは民法のことです。
民法では相続人になれる人を定めており、遺言書で指定していない限り、誰もが相続人になれるわけではありません。
そして法定相続人には、相続人になれる順序も決められています。

配偶者

まず無条件に相続人となれるのは、配偶者です。
無条件で相続人となれるため順序も関係なく、常に相続人となることができます。
ただし内縁関係にある方は、配偶者とは認められないため注意が必要です。

直系卑属=子ども

第一順位の相続人は直系卑属です。
直系卑属とは子のことを指します。
もし子が死亡しており孫がいる場合には、孫が代襲相続することになります。
この直系卑属の代襲相続では、制限がなく何代でも代襲していきます。
また婚姻関係のない間に生まれた子でも、認知を受けていれば相続人となります。
その他、胎児も相続人に含まれます。

直系尊属=父母

第一順位の相続人がいない場合には、第二順位として直系尊属が相続人となります。
直系尊属とは父母のことです。
もし父母が死亡しており、祖父母が存命ならば祖父母が相続人となります。

兄弟姉妹

第一順位、第二順位ともに相続人がいない場合には、第三順位として兄弟姉妹が相続人となります。
もし兄弟姉妹が死亡しており、その子、つまり被相続人から見た場合の甥や姪がいる場合には、甥や姪が代襲相続することになります。
ただし第一順位の直系卑属とは異なり、第三順位の兄弟姉妹の場合には、代襲相続には制限があり、甥や姪までが代襲相続人となることができます。

以上が民法が定める法定相続人です。
相続税を計算する場合や、遺言書を作成する場合には、必ず確認する必要があります。