遺産相続で争わないための確認ポイント

相続の割合は話し合いで決まります

遺産相続と聞くと、身内の中で争いが発生するというイメージがありますが、実際にこのようなケースに陥ることもあります。
しかし遺産相続では基本的に法定相続割合というものが決められています。
法律では被相続人の配偶者が優先されるようになっています。
その後には優先順位が決められており、子供や親、兄弟姉妹という順位になっています。
ここでは分割比率も決められています。

法定相続分は絶対的な基準ではありません

しかし法定相続分は相続の話し合いの際に身内でもめたときに、利用される基本的な基準と言えます。
遺言もない状態で亡くなられた場合、どのように進めていけばいいのかわからないので、法的にその進め方が示されているという類のものでしかありません。
そのため相続人の間で話し合いを持ち、どの相続人も納得することができれば、法的な権利に関係なくどのように処分をしても問題はないようになっています。

公正中立な立場で遺産相続を仕切る人が必要です。

しかしもめ事の中で最も多くなっているのが長男など一番力がある相続人が強引に相続全体を取り仕切るというようなケースです。
ここで大切なことは、相続を仕切る立場にある人は、まずはすべての財産を相続人全員に確認してもらうようにすると言うことです。
またいきなり相続の話を始めるのではなくしばらく考える時間を持ってもらうようにします。
しばらく考えた上で遺産分割協議を行うと、それぞれの考えや希望が明確になってきます。

全員の希望が反映されることが大切です

遺産分割協議では相続人すべての合意がなければその内容を認めることができません。
したがってお互いがしっかりとコミュニケーションを取って、被相続人の意志を最大限に尊重するような分け方をしなければいけません。
話し合いですべての相続人の合意を得ることができれば、署名と押印をし遺産分割協議書の作成を行います。
また遺産分割協議書に関しては、相続人に等しい数の通知を用意する必要があります。
そして各自の印鑑証明を添付するようにします。