債務者が遺産相続した場合の対処法

相続人に借金があるケースがあります

ヴァイオリンのアップ遺産相続をすることができる人は民法によって決められています。
複数の相続人で遺産を分割しなければいけないというような場合には、遺産分割協議というものを行って分配する財産を決めていきます。
ここでは基本的に話し合いが行われています。
しかし何も問題がなければ話し合いはスムーズに進められるのですが、時にはトラブルが起こります。
たとえばここで相続人の一人に借金があった場合にはどのような対処をすればいいのかわからないというようなこともあります。

相続した財産で債務者はまず借金を返済しなければなりません

相続人の一人に借金があった場合に考えられることは差し押さえになります。
相続人にたくさんの借金がある場合には、相続をした財産で返済をしなければいけません。
またここで返済することができないと言うことになれば、相続をした財産に関しても借金の返済のために債権者にすべて差し押さえられることになります。
すなわち相続をした財産も借金返済のために減ってしまうという事態に陥ってしまいます。
このようなことが発生したときには、相続放棄をすることができます。
これは債権者から遺産を守るための方法となります。

債務者の相続放棄により遺産を守る方法がある

遺産分割の協議をする前に借金のある相続人が遺産相続を放棄するという措置をとることで、遺産の差し押さえを避けることができます。
借金を抱えた相続人は遺産分割協議に加わらなければ問題を解決することができます。
それ以外の人で遺産分割の協議を行って遺産分配を決めていきます。
債権者は被相続人の遺産に関して手を出すことはできなくなります。
差し押さえを回避するためには、このような相続人を協議に参加させないということの他に、相続放棄の手続きを行い、この相続放棄や遺産分割の協議はできるだけ早く対処をすることが大切です。
また遺産分割後の処理は早い段階で完了させると言うことも大切です。