遺産相続に関する基本的な注意点

相続のポイントを押さえておこう

遺産相続をする際にはいくつか注意点があります。
余計なトラブルを避ける為にも、事前に遺産相続に関する基本的な知識を学んでおくことが必要です。

分割協議協議は全員参加

遺産を相続する場合は遺産分割協議をします。
誰がどの遺産をどれだけ引き継ぐかという話し合いを、法定相続人全員で行う必要があります。
もし法定相続人全員が参加せずに行われた場合は、再度全員参加で遺産分割協議を行う必要があります。

再婚者や養子がいる場合

親が再婚して相手の連れ子を養子縁組した場合などは、養子にも実子と同様に相続権が発生します。
しかし養子の存在を知らないといったケースもありますので、必ず遺産分割協議を行う際には戸籍謄本を取り寄せて誰に相続権が有るのかということを調べる必要があります。

未成年には法定代理人が必要

法定相続人に未成年者がいる場合は、単独で法律行為を行うことが出来ませんので、法定代理人が必要となります。
通常法定代理人には親権者がなりますが、遺産分割の際にはそれでは都合が悪いです。
なぜならば、例えば未成年の子供を持つ父親が亡くなった場合に親権者である母親が子供の代理人として遺産分割協議を行うと、法定相続人である母親自身に有利な遺産分割内容にも出来てしまいます。
実際には母親にそのような意図が無くても、客観的には母親の本来の意図を知る術はありません。
その為、未成年者が遺産分割協議を行う場合は、特別代理人を家庭裁判所に請求します。
特別代理人を選定せずに行った遺産分割協議は無効となりますので注意が必要です。

相続に債務がある場合は協議が必要

相続とは預貯金や不動産などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も引き継がなければいけません。
マイナスの財産はあくまでもプラスの財産と同じ比率で引き継ぐことになります。
借金のみを特定の法定相続人に引き継がせることは、債権者の同意が必要となります。