クラシック楽器を受け継ぐように遺産を相続し守る

相続の基本を押さえましょう

遺産相続の話し合いをするときには相続者となる人の全ての同意が必要です。
そこで実際に話し合いをする前には次のようなことをしっかりと準備しておく必要があります。
それは次の3つです。

相続手続きにおける3つのポイント

ヴァイオリンの古ぼけた写真

  • 遺言書が残されているのかと言うことを確認すること。
  • 被相続人が誰で、どこにいるのかを確認すること。
  • 相続財産は全部でどれだけあるのかを確認しておくこと。

これらのことをしっかりと確認してから相続に関する話し合いを始めることがポイントです。
そうでなければ、今まで行ってきた話し合いが全て無効になってしまうというようなこともあります。
このような徒労を避けるためには、相続弁護士無料相談するなど、手続きに精通したエキスパートに相談することが大切です。

遺言書の効力と取り扱いについて

そこでまず遺言書が残されているかどうかに関してです。
話し合いをする前に遺言書が見つかった場合には、まずはそこに書かれている内容の方が優先されると言うことを確認しておきます。
これは法律で決められています。
したがって相続の話し合いをする前に遺言書があるかどうかを確認しなければいけません。
亡くなった人の家や部屋の中の引き出しや手帳のなかなどを確認します。
遺言書が見つかったときにはその場で開封するのではなく、家庭裁判所に提出をします。
家庭裁判所が開封をすることになっています。

相続人の確認

亡くなった人の戸籍を全て集めて、自分が知らない相続人がいないかどうかを確認することも大切です。
相続人が複数いる場合には、相続のための会議、遺産分割協議を行わなければなりません。
全員が納得して申請しない限り、相続は成立できないのです。

相続財産の把握方法

相続の話をするときには、相続財産はどのような種類のものがどれだけあるのかということを把握しておかなければなりません。
財産がわかっていなければ、対策や話し合いを上手に進めていくことができません。
次のような書類になくなった人の名前が書かれているのかを確認しておきます。
それは家と土地の権利書と固定資産税評価額の通知書になります。
このほかに預金通帳や証券会社からの残高証明で、銀行貯金や郵便貯金、株などの有価証券を確認することができます。
このように財産の種類と金額を確認してメモにまとめておくとわかりやすいです。

最新の遺産相続記事